千体仏彫刻ワークショップを開催しました|2023.06.04

6月4日(日)に、約2年ぶりの「千体仏彫刻ワークショップ」を開催しました!

今回から、ふっくらコロコロッとした愛らしいお地蔵様に。
彫刻刀を使うのは学生ぶりだと緊張するみなさんでしたが、5時間ほどもくもくと彫り続け、素敵なお地蔵様を完成されていました。相田先生が彫刻刀の持ち方から部位ごとに使用する種類など、一つ一つ教えてくれるから心強い。
質問されるとすぐに駆け付けてくれる、そしてとても褒めてくれる優しい先生ですよ(^^)/

*タップで拡大


今回、募集を開始して1週間ほどで定員に達するという人気ぶりに驚き、また、たくさんの方がこのワークショップを心待ちにしてくれていたのだと感じました。企画する側としてはとても嬉しいー!

また今回、ご参加いただいたほとんどの方から、
”ずっと開催を楽しみしていました”
”再開されることを知ってすぐに申し込みました”
と嬉しいお言葉をいただきました。ありがとうございました!

次回の開催をお楽しみに。

木彫刻家 相田 和葉(あいだ かずは)

京都の専門学校を卒業後、仏師のもとで修行。
その後、地元三重県に戻り木彫刻家として活動中の2000年生まれ。
「暮らしになじむ現代の工芸」をテーマに、自然や生物などをモチーフとした様々なジャンルの作品を彫刻。曲線的で繊細な彫りがこだわり。