のぼの職人村って…なに?

一人で黙々とする仕事もいいけれど、大工や職人が集まってみんなで良い仕事ができればもっと楽しく有意義に感じるだろう。心細い時、助けがほしい時、ともに助け合うことができる。うれしい時ともに喜ぶことができる。のぼの職人村の発想はそんなシンプルなものでした。

 

伝えたいのは技術と知識、職人の誇りです。

日本には伝統構法という優れた独自の建築様式があります。技術の伝承はベテラン大工が若手大工と一緒に仕事をすることで行われます。私たちはこの技術や知識を次の世代に伝え、自らの仕事を誇りに思える職人集団を育てていきたいと考えています。わざわざ仕事場をひと所に集め仕事をする『のぼの職人村』の意義もそこにあります。
 

職人達でつくる村

のぼの職人村は建築職人だけの村でありません。『ものづくり』が好きで熱心な職人さんならば、様々なジャンルの職人さんに工房を構えてほしいと思います。
 例えば、手づくり家具や生活雑貨の職人さん、美味しいパン職人さんやパティシエ、織物や陶芸など素朴な工芸品をつくる職人さんも大歓迎。そんな彩り豊かな職人工房の村を一緒に造っていきたいと思うのです。
 

地域の人とつくる村

私たちは地域の方々との繋がりを大切に考えています。仕事での繋がりはもちろんですが、ふだんの暮らしの中でも、私たちの得意なことで役に立つことがあるのなら、それらを実践していきたいのです。「家守りよろず相談」や「防災に役立つ釜戸づくり」などの活動やワークショップもその一つ、頼れる職人集団でありたいと思っています。
 

のぼの職人村で
工房を構えたい職人さんを
『募集』しています!

独立しやすい仕組みと
いい環境の仕事場があります

 
職人を取り巻く環境は年々厳しく、昔のように自分の工房を構え独立することが難しくなっています。それでも色々な分野でいい仕事をする若手職人さんはいます。私たちはそんな若手の職人さんと一緒に村を作りたい、独立や繁盛を応援したいと思っています。
 
のぼの職人村(亀山市能褒野)は600坪の敷地に職人村事務所・職人工房・職人休憩棟コミュニティースペース来客用駐車場を備え、それぞれの職人たちが資材倉庫や工作機械、作業車両をシェアできるようになっています。
 
将来的には様々な業種のこだわりを持つ職人や作家の方々にも利用していただけるスペースや仕組みを設け、地域とのつながりの中で「いい職人・いい仕事・いい仲間」を発信したいと考えています。
 
 
 

 
 

 
 
 
 
見てみよう